よみもの:非ログイン使用の利点

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Emblem-person-blue.png ウィキペディアンの私論
このよみものは、ウィキペディアンによる私論です。
必要に応じて、「ウィキペディア」を「エンペディア」に読みかえちゃってください。
また、公式に定められた方針やガイドではありませんのでご注意ください。
文書の要旨
ウィキペディア日本語版にログインして参加することはメリットばかりではありません。
そればかりか、アカウントをあえて取得しないことによって生じる利点もあります。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがWikipedia:非ログイン使用の利点の項目を真面目に作っていたんですけどねぇ…。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアen:Wikipedia:Why not create an account?の項目があります。

はじめに[編集]

ウィキペディア日本語版には、アカウントを取得してログインして編集する方法とログインせずに編集する方法が用意されています。

ログインをすると「Wikipedia:利用者ページを使うことができる」などの利点があり、アカウント利用者の中にはログインせずに編集を行っている参加者に対してアカウントの取得を進める方もあります。

しかし、ログインして編集することは利点ばかりではありません。

ウィキペディア日本語版ではアカウントを取得することの利点についての意見は見かけるのですが、ログインせずに編集することの利点についてはあまり書かれていません。

このようになる原因として、ウィキペディアの文書を作成しているのはアカウントユーザーが多いということがあると思います。

しかし、一方の立場の意見ばかりを記載することは、ウィキペディアのあり方として望ましいことではないと思います。

そこで、ログインせずに編集することの利点を整理するためにこの文書を作成しました。

なお、この文書はあくまでWikipedia:私論であり、「1人以上のウィキペディアの寄稿者による助言や意見」であって、多くの寄稿者が同意しているものではありません。

Wikipedia名前空間(Help:名前空間参照)に置かれている文書の件数だけから見ると、この文書は少数意見ということになります。

しかし、ウィキペディア日本語版に書かれているように、通常の記事を含めた編集の総量から見ると非ログイン使用は決して少なくはありません。

上に書いたような点を理解したうえでお読みになることを希望します。

あくまで「私論」なので、お気軽に加筆をお願いします。

非ログイン使用の利点[編集]

派閥抗争に巻き込まれにくい[編集]

非ログイン使用の利点の一つとして、「派閥抗争に巻き込まれにくい」ということがあります。

ウィキペディアの編集者の中には政治的思想などで異なる意見を持つ方がいます。

本来であれば、「平静な議論を行って妥協点を探る」というのがあるべき姿だと思いますが、実際には(外から見て)派閥抗争とも思える状況が何度か発生しています。

理論的にはログインしないで編集を行っても対立的な意見などを表明すれば対立を生じる可能性があるのでしょうが、実際には、可変IPユーザの場合、IPが変わってしまうこともあって「自論に固執する」ということが困難なので、派閥抗争に巻き込まれることは少ないように思います。