よみもの:東京駅で楽に京葉線に乗り換える

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Smiley.svg よみものページ
この「よみもの」は、プログラマリオが作成したものです。
他ユーザーの編集も歓迎いたします。

多くの方はご存知でしょう。京葉線

その京葉線。東京駅でものすごく他の路線と離れています。

今回はすこしでも楽に乗り換える方法を書いていきます。

動く歩道を使う方法[編集]

京葉線地下連絡には動く歩道が3つあるので、全部を乗ることで楽に移動できます。また、時間短縮にもなります。

あえて動く歩道を使わない[編集]

動く歩道のせいか、その隣の通路はガラガラです。

体力があるならここを早歩きするのも手です。

有楽町駅からの地上乗り換え[編集]

実は有楽町駅の方が近いんです。有楽町駅の駅員にまずは証明書をもらい、京葉線東京駅で見せて乗り換えます。(詳細は北有楽町駅を参照)

但し、有楽町駅に辿り着くまでの経路に東京駅を含んではいけません(つまり品川方面限定)。ややこしいことに、証明書をもらわないで普通に改札を出たほうが安くなる場合もあるので、事前に運賃を調べておいてもいいでしょう。

千代田線・都営三田線・銀座線からの地上乗り換え[編集]

千代田線の二重橋前駅や、都営三田線の日比谷駅、銀座線の京橋駅からも徒歩で行くことができます。

ちなみに有楽町線の場合は素直に新木場駅で乗り換えましょう。日比谷線からは八丁堀駅で乗り換えることができるので、地上乗り換えに慣れていない人や雨の日などはこの両線を活用して東京駅を避けるのも一つの手です。