ぼくのかんがえたシリーズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

ぼくのかんがえたシリーズとは、ウィキペディアにおいて独自研究に基づいて作成された、またはそもそも全くの架空の存在をあたかも実在するかの如く書き綴った記事を表す言葉。削除依頼でよく見かける。

バリエーション[編集]

  • ぼくのかんがえたすごいしき (二次方程式の解の公式)[1]
  • ぼくのかんがえたふくげん (enwp:Machairodontinae - 日本語名:マカイロドゥス亜科)[2]
  • ぼくのかんがえたハラスメント (スパハラスメント)[3]
  • ぼくのかんがえたキャラクター (Lucy Tracy)[4]
  • ぼくのかんがえたさいきょーのほんやく (ヤマブキ)[5]
  • ぼくのかんがえたインターチェンジ (白島インターチェンジ)[6]
  • ぼくのかんがえたゲーム (八卦牌)[7]
  • ぼくのかんがえたやきゅうちゅうけい (日テレプラス プロ野球中継 eye Love Dogs!) - 面倒なことに、この項目を作成した利用者は虚構記事を作成することに熱を上げている厄介であった[8]

などなど...

出典[編集]