Enpedia:スタッフについて

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

スタッフ(Staff)またをエンペディアスタッフ(Enpedia Staff)とは、エンペディア全体において運用面で重要な管理や諸問題を対処する決定権を持つ者、及びその該当利用者が所属する利用者区分(グループ権限)の一つです。主に運営者や運営者に信頼されているユーザーなどが所属しており、ローカル権限に所属する管理者ビューロクラットとは大きく役割が異なります。

この権限はエンペディアの運営がrxy[1]氏に引き継いだ後(2nd移行後)の2010年12月30日に初めて作られました。権限の使用開始時は今とは大きく役割が異なっており、スタッフは運営者の補助的な役割の位置づけで、出来る限りコミュニティに深く関わったり、通常の編集活動は少ないほうが望ましいとされていました。また運営者については「ウェブマスター」という専用の別グループ権限を使っていましたが、後のEnpedia:スタッフ/第2次への改定に伴い、ウェブマスター権限をスタッフへ統合したため、現在は、運営関係者が使用する特別権限という構成になっています。

スタッフ権限の技術的な仕様は、現時点では管理者と同じような操作が出来ます(特別:グローバルグループ権限/Staff参照)。権限はエンペディアのMediaWiki上でローカルグループ権限とグローバルグループ権限の両方ありますが、スタッフの該当者は双方の「スタッフ」グループに所属しています。

方針[編集]

スタッフの方針は過去に3回改定が行われています。現行のスタッフ方針はEnpedia:スタッフ(第3次制度)です。方針の詳細は以下のページをそれぞれ参照してください。

  • 2nd:Enpedia:スタッフ/旧方針(初代制度その1:2010年12月30日〜2011年7月31日)※ページを見るには閲覧権限必要
  • 2nd:Enpedia:スタッフ/旧制度(初代制度その2:2011年7月31日〜2011年11月12日)※ページを見るには閲覧権限必要
  • Enpedia:スタッフ/第2次(第2次制度:2011年11月12日〜2013年7月7日) - ウェブマスター権限をスタッフへ統合することに伴い改定。またその後創設者オレリ氏もその中の「特別スタッフ」に就任に伴い創設者権限を廃止。
  • Enpedia:スタッフ(第3次制度:2013年7月7日〜現在)

主な仕事[編集]

など。

スタッフになる方法[編集]

基本的にスタッフになる方法はありませんが、エンペディアでの活動がアクティブであり、広くコミュニティの信頼を経ていれば、他スタッフからの推薦がありなれる可能性もあります。

Enpedia:追加権限保有審査でスタッフの立候補・推薦はできませんが、解任についてはそのページの審議で行うことが出来ます。

主なスタッフ[編集]

以下は過去を含む全ての制度においてスタッフ経験のある利用者です。

  • 利用者:Rxyトーク / 履歴(2014年3月9日まで "Hosiryuhosi" として活動。所属期間:2010年12月30日〜2011年1月18日、2011年11月12日〜2014年11月2日、2014年12月26日〜) - (ウェブマスター)→初代制度&(ウェブマスター)→(ウェブマスター)→第2次制度上級スタッフ(これによりウェブマスター権限を廃止)→第3次制度最上位スタッフ、第3次制度最上位スタッフ(復帰による篠田陽司氏によって再任命)
  • 利用者:篠田陽司トーク / 履歴(所属期間:2011年6月17日〜) - 初代制度臨時スタッフ→初代制度→第2次制度一般スタッフ→第3次制度上位スタッフ(2014年5月20日より臨時最上位スタッフ)→第3次制度最上位スタッフ
  • 利用者:BadEditorトーク / 履歴(2015年9月末までは「下らない編集しか出来ない」として活動。所属期間:2013年11月5日〜) - 第3次制度上位スタッフ(グローバル管理者から異動で就任)
過去のスタッフ
User:BadEditorUser:オレリUser:篠田陽司User:Vigorous actionUser:Kiha40-330User:rxy

脚注[編集]

  1. 2nd Enpedia移行当時の利用者名はHosiryuhosi

関連項目[編集]