2287年火星大接近

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

2287年火星大接近(2287ねんかせいだいせっきん)とは、大騒ぎになった2003年火星大接近を凌ぐ、2003年以降で最初の大接近である。最接近するのは8月29日7時15分で、その距離は5568万8405km、明るさは-2.9等星、視直径は25.2秒にもなる。

見え方[編集]

最接近時は日本からは見られないが、その前後にはみずがめ座の方角に輝く。近くには土星も見え、華やかに見えるだろう。また、7月28日にはに接近する。また、冥王星も近くに見られ、火星を目印に探すチャンスとなるだろう。