1995年チアパス地震

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1995年チアパス地震 (1995 Chiapas earthquake) では、1995年8月20日20時38分(現地時間UTC-6)に、メキシコで発生した地震について解説する。震央は、メキシコ、チアパス州トゥストラ・グティエレス周辺であり、Mw 7.2を記録した[1]

被害[編集]

70人程度が負傷し、建物への被害も見られたと報道された。トゥストラ・グティエレスでは、一時、電気と電話が使えなくなった[2] 。揺れは、メキシコシティや南部メキシコの大部分で強く感じられ、グアテマラエルサルバドルでも揺れを感じることができた[3]

メカニズム[編集]

チアパス地震は、北アメリカプレートの下に沈み込んでいるココスプレートの内部変形によってもたらされた[4]。わずかな横ずれ成分を含む、低角逆断層(衝上断層)型地震であり、北西から南東にかけて約30キロメートルの範囲で破壊が伝播した。破壊継続時間は約17秒間だった[5]

出典[編集]

  1. USGS. “M 7.2 - Chiapas, Mexico”. United States Geological Survey. 2017年6月7日確認。
  2. "SISMO EN MEXICO DEJA 70 HERIDOS", October 22, 1995. Diario Hoy, Ecuador.
  3. Resumen de actividad sísmica y volcánicaIcons-mini-file acrobat.gif PDF” (Spanish). Red Sismológica Nacional. 2011年10月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月11日確認。
  4. Raúl González Herrera. “Fuentes sismogénicas en el estado de CHIAPAS” (Spanish). 2016年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月11日確認。
  5. Rigobert Tibi, Guenter Bock, and Charles H. Estabrook. “Seismic body wave constraint on mechanisms of intermediate-depth earthquakes”. journal of geophysical research (16 March 2002) 107 (B3): 5. オリジナルの2007-01-05時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070105101356/http://epsc.wustl.edu/~tibi/papers/2001JB000361.pdf 2017年9月11日閲覧。.