骨伝導ヘッドホン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

骨伝導ヘッドホン(こつでんどう-、英:Bone conduction headphones)とは、通常のヘッドホンとは違い、骨伝導を利用して音声を伝えるヘッドホンである。

概要[編集]

音声を空気の振動で鼓膜に伝える代わりに、骨伝導を利用して内耳に振動を伝え、音声として認識させる。

騒音環境下でも通信内容を識別できるという特徴があり、軍事分野では早期から導入されており、警察消防等にも導入されている[1]。周囲の音を遮らないという特徴もあり、バイクのヘルメットに搭載されていたりもする[2]

普通のヘッドホンには音質で劣り、音漏れも多く、音楽の視聴には用いづらい模様[3]

脚注[編集]

  1. McKayシリーズ”. ゴールデンダンス株式会社. 2019年1月8日確認。
  2. BUHELヘルメット用骨伝導インカム”. 「CBSドリーム」輸入部品専門店. 2019年1月8日確認。
  3. ロードバイクで骨伝導イヤホンの使用をおすすめしない4つの理由”. ロードバイク冒険の書 (2017年4月15日). 2019年1月8日確認。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア骨伝導の項目があります。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアヘッドフォン#骨伝導方式ヘッドフォンの項目があります。

外部リンク[編集]