長部喜幸

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

長部 喜幸(おさべ よしゆき)は日本研究者学者[1]特許庁所属[2][3]。元OECDエコノミスト及びIPアナリスト。専門は知的財産及びバイオテクノロジーで、科学書誌学に基づく分析を主として行う。

彼の著作は、“Towards More Inclusive IP Analysis by Frontier Tools”, Intellectual Property Rights, which is edited by Sakthivel Lakshmana Prabu and Timmadonu Narasimman Kuppusami Suriyaprakasha[4].

彼の著作は以下を含む;

Innovation Front and Technology Linkage, Business and Management Studies, 2016, Vol.2, No.1, pp 88-94[5]

Future Information Technology, Springer, Lecture Notes in Electrical Engineering Volume 309, 2014, pp 549-554[6]

日本語の著作は主に以下のものを含む;

<情報管理>医薬品産業分析シリーズ

第1回:新しい指標に基づいた医薬品産業の現状俯瞰・将来予測[7]

第2回:テクノロジー別にみた医薬品開発の現状俯瞰・将来予測[8]

第3回:医薬品開発を担う事業主体に関する分析[9]

第4回:パイプラインにつながる特許の判別指標[10]

第5回:パイプラインにつながる特許判別指標の応用[11]

第6回:疾病別にみた医薬品開発の現状俯瞰・将来予測[12]

第7回:米国のファンディング動向[13]

第8回:医薬品研究開発における知識の流れ[14]

<情報管理>科学技術関係

国主導で行われる基幹技術の策定に資する要素技術導出 [15]

第5期科学技術基本計画における主要指標について[16]

書籍;

“日本のサイエンスイノベーション戦略”、東大出版(2015年3月)(共著)[17]

脚注[編集]