豊実琴

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊実琴(ゆたか みこと)は、つだみきよの漫画作品に登場する架空の人物。

人物・性格[編集]

医者になるという目標を持っている。

勉学の成績だけでなく、判断力があり、頭が良い。

女性的と見られるのを嫌うが、料理などは得意。極度の音痴。

【注意】 以下にはネタバレが含まれています。


『革命の日』[編集]

中学二年生。男子校の寮に入っている。男子校では、先輩や同級生から襲われるため、身を守るのに専念している。

姉の麻琴が恵の面倒をみることになったときぐらいから、吉川恵のことは聞かされており、密かに好意を持っていた(姉にはバレていた)。

吉川恵に直接会ったのは、夏(実琴が夏休みで男子校の寮から実家に戻っていた時期)であり、同じ様な境遇も持つことや姉に似た容姿をもつことから、男性恐怖症であった恵にも好意を持たれる。

その後、姉の手助けもあり、デート(恵にとっては、「男友達との買い物」)にまで持っていく。

恵は、その気持ちを気付いてなかったが、実琴の告白の後、実琴の気持ち(そして、恵自身の気持ち)に気付き、付き合いはじめる。

『プリンセス・プリンセス』[編集]

私立藤森学園高等部1年。特進クラスの中でも優等生。

入学前、有定修也によって姫(学園のアイドル的存在)として選定されていたため、単位や成績などにも関わると脅され、女装に抵抗を持ちながらも姫となる。

本編では、河野亨と四方谷裕史郎からイジられる存在である(それでも、亨が入ってからはまだマシになったようで、亨は裕史郎を止めることもある)。

同学年の坂本秋良に対しては、周りの影響か「坂本様」とは呼んでいるものの、それほど距離は置いていない(そればかりか、原作本編での会長選挙では秋良の対抗馬の方を指示している)。

容姿[編集]

外見は、姉に似ており、その容姿から男子校で苦労することとなるが、吉川恵と親しくなれた一因でもある。

『革命の日』では、恵に身長が負けているのを悩むシーンがあり、『プリンセス・プリンセス』でも、身長が伸びたかを気にしていたが、『革命の日』の裏表紙にある『Jrちゃんの正体 その2』では、身長も伸びている。

登場作品[編集]

  • 続 革命の日
    『革命の日』を完結させるために影木栄貴とともに考え出した(単行本『続・革命の日』の4コマ劇場より)。
  • プリンセス・プリンセス
    姫が二人では寂しいということで「男子校」という設定が存在した実琴が選ばれた(単行本『プリンセス・プリンセス』1巻の4コマ劇場より)。
  • トレ×プリ
    実琴には珍しく脇役としての登場。

演者[編集]

柿原徹也
アニメ版『プリンセス・プリンセス』とフロンティアワークスのドラマCD版『プリンセス・プリンセス』での配役。
本田貴子
新書館のドラマCD版『プリンセス・プリンセス』での配役。
矢薙直樹
新書館のドラマCD版『革命の日』での配役。
鎌苅健太
『プリンセス・プリンセスD』(ドラマ版『プリンセス・プリンセス』)での配役。

キャラクターソング[編集]

キューティー・ハニー
アニメ版『プリンセス・プリンセス』のグッズ。そのため、声優柿原徹也が担当。原作本編でも姫3人がこの歌を歌うが、実琴はある1フレーズのみ。