坂本秋良

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本秋良(さかもと あきら)は、つだみきよの漫画作品に登場する架空の人物。

人物・性格[編集]

「癒し」の力や的確な指示力などのほか、学業成績や運動神経も学内でトップクラス。客観的に冷静に判断することができる。

【注意】 以下にはネタバレが含まれています。


『ファミリー・コンプレックス』[編集]

本編時、藤森学園中等部2年。自分の家族などと比べて容姿に対して自信がなく、家族と比べられることを苦痛(コンプレックス)に感じていた。

その後、14才の誕生日のときに、そのことを家族に話し、自分が家族に愛されていることを痛感し、悩みも消える(驚かれるなどの理由から、まだ家族を紹介するのには少し抵抗が残っているようでもあるが)。

学力は、市内トップクラスである藤森学園で高得点や高い順位をとることができるほど。高い采配能力や強い説得力は、春海の事件のときにもみることができる。

『ファミリー・コンプレックス』の後日談である『AFTERWARDS』では、兄の残した「神聖坂本王国」で、(最初こそ兄ほどでは無い容姿にがっかりされるものの、)その学業成績や運動神経の高さから、「二代目坂本様」と呼ばれるようになることが明かされている。

『プリンセス・プリンセス』[編集]

藤森学園高等部に、兄の坂本春海と入れ違いで入ってくる。兄の残した「神聖坂本王国」で、兄の影響と自身の能力(運動能力や学力成績)と有定会長のお膳立てから「二代目坂本様」となる。

「姫」である亨と裕史郎とは、坂本家を訪れて以来、「坂本様」から「秋良」に呼び方が変わり、距離を縮めている。

有定に次期会長になることを望まれており、原作終盤では、亨と裕史郎などの応援もあり、御鷹を敗り見事当選する。

容姿[編集]

本人は他の家族などと比べて引け目を感じているが、少なくとも標準以上の容姿であり、『プリンセス・プリンセス』での選挙の女装時も好感を持たれていた。

父親である英季の若い頃によく似ており、『ファミリー・コンプレックス』の裏表紙によると、父親同様、大学生の頃には身長も高くなっている。

その癒しの効果もあり、「春海と夏流」や「裕史郎&亨と御鷹」などが取り合いをしている(つまり、一部のキャラクターには、「姫」や「伝説の坂本様」以上の存在となっている)。有定が姫に撰ばなかった理由も、単に「伝説の坂本様」の弟だからと思われる。

登場作品[編集]

  • ファミリー・コンプレックス
    本編の主人公(ではあるが、『ファミリー・コンプレックス』は坂本家のそれぞれの家族の悩みを描いたオムニバス作品であるため、脇役のポジションとなる話もある)。裏表紙や『AFTERWARDS』に後日談なども掲載されている。
  • プリンセス・プリンセス
    豊実琴(『続・革命の日』の登場人物)だけのゲスト出演だと『ファミリー・コンプレックス』のファンに角が立つということで登場が決定した(「姫は全員決定していたこと」や「『ファミリー・コンプレックス』で後日談が語られていたこと」などから姫にならずにすんだ)。

演者[編集]

保志総一郎
アニメ版『プリンセス・プリンセス』とフロンティアワークスのドラマCD版『プリンセス・プリンセス』での配役。
坂口大助
新書館のドラマCD版『プリンセス・プリンセス』での配役。
足立埋
『プリンセス・プリンセスD』(ドラマ版『プリンセス・プリンセス』)での配役。