美道

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美道とは、自分魂と繋がる道。繋がるが故に、本来もつ『自分というアート』で生きられる精神。老若男女問わず、魂レベルでの美しい生き方を追求していく道である。自分の存在価値や生きている意味を知り、幸せ感溢れる地球生活のためのメソッド。美道家元のSayya(セイヤ)が指揮する茶道・華道・武道などに並ぶ、日本の文化的『精神道』。本部は伊豆・大室高原。

日本だけでなく、海外からの評価も受けられるような国際的文化哲学となる。


神髄: 自分魂とコネクトして生きる道

目的: 自分らしく生きるため

結果: 生きている意味を知り、魂レベルの幸せ感・満足感を感じて生きられる


其の一:素足で感じよ[編集]

何をするにも足裏で感じながら作業する。素足から地球の磁場エネルギーを吸収する。自分の素足で生きる=素顔な自分で感じること、これが大切。

其の二:動きにフォーカスせよ[編集]

何かを触るその手にフォーカスする。今に集中するという時間をつくる。

其の三:思いを入れよ[編集]

身の回りの品々に感謝の思いをいれる。好きなものだけに囲まれた生活を手に入れる。愛し愛されるアイテムたちと戯れる。

其の四:創造せよ[編集]

自分の引き寄せたい現実をイメージする。ワクワクでハッピーなエネルギーを放出しながら日常を過ごす。朝晩の瞑想で行う。

其の五:オーラを外に出せ[編集]

オーラを出すには本来の自分と繋がることが必須。自分に自信を持ち、自らの存在価値を見つけて認める。チャクラを全開に。

其の六:自分として生きよ[編集]

常に内なる自分を見つめる。他人に創られた自分ではなく、素の自分で過ごせる環境を創っていく。