突然の「さよなら」…迷い込んだラビリンス…あなたはだれ?…教えて。「すれちがい」「片想い」とどけ、ボクの気持ち。とどけ、ワタシの想い。たぶん一度しかない季節、青春の1ページ。これが最後のチャンス、確かめたい…キミの気持ち。伝わる言葉、伝わらない想い。あの日の告白、永遠の一日、だけど…いつまでも続いていく、わたしたちの「いま」。そして明日へ…「スクールランブルフォーエバー」

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページのタイトルは「突然以下略」です。文字数制限により本来のタイトルを設定できないため、表示タイトルを変更しています。リンクの際はご注意ください。

突然の「さよなら」…迷い込んだラビリンス…あなたはだれ?…教えて。「すれちがい」「片想い」とどけ、ボクの気持ち。とどけ、ワタシの想い。たぶん一度しかない季節、青春の1ページ。これが最後のチャンス、確かめたい…キミの気持ち。伝わる言葉、伝わらない想い。あの日の告白、永遠の一日、だけど…いつまでも続いていく、わたしたちの「いま」。そして明日へ…「スクールランブルフォーエバー」』(とつぜんの「さよなら」…まよいこんだラビリンス…あなたはだれ?…おしえて。「すれちがい」「かたおもい」とどけ、ボクのきもち。とどけ、ワタシのおもい。たぶんいちどしかないきせつ、せいしゅんのいっページ。これがさいごのチャンス、たしかめたい…キミのきもち。つたわることば、つたわらないおもい。あのひのこくはく、えいえんのいちにち、だけど…いつまでもつづいていく、わたしたちの「いま」。そしてあすへ…「スクールランブルフォーエバー」)は、アニメ「スクールランブル」(1期)の最終回である。

概要[編集]

2005年3月29日午後6時から6時30分まで、テレビ東京系列で放送。サブタイトルが日本アニメ史上最長の187文字であることが話題になった。

なお、MediaWikiでは記事名がUTF-8で255バイト以下でないと記事が作成できない。これをこのサブタイトルに当てはめると「突然の「さよなら」…迷い込んだラビリンス…あなたはだれ?…教えて。「すれちがい」「片想い」とどけ、ボクの気持ち。とどけ、ワタシの想い。たぶん一度しかない季節、青春の1ペー」まで入れることができる。これは、文字数こそ187文字で255よりも少ないが、UTF-8の仕様で日本語の文字は3バイトとして扱われ、85文字までしか入れられないためである[1]

はてなキーワードでは全角32文字、「突然の「さよなら」…迷い込んだラビリンス…あなたはだれ?…教えて」の記事名で登録されている。

新聞のテレビ欄では2行が割り当てられたが、1行目をアニメタイトル、最後の5文字分をGコードが占有する関係で「突然以下略」としか書けなかった。

ちなみに、2位以下は銀魂這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)ケロロ軍曹ネギま!?と続き、ここまでが100字超え。

ストーリー[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


脚注[編集]

  1. なお、255バイト規制は要約欄にも当てはまる。

外部リンク[編集]