温帯湿潤気候

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
「温湿潤気候」か「温湿潤気候」かに関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

温帯湿潤気候(おんたいしつじゅんきこう)または温暖湿潤気候(おんだんしつじゅんきこう)は、温帯の中でも、年中多雨であること[1]、夏の平均気温が高いこと(最も暑い月の平均気温が22℃以上である)を特徴とする気候区である。記号はCfa。ほとんどがモンスーンの影響を受ける。

地域[編集]

日本の大部分を含む東アジアの沿岸部、オーストラリアの東海岸、北米大陸の東海岸、ヨーロッパ南東部からコーカサス地方にかけての一部地域がある。大半の場所で夏にが多いが、日本の日本海側のように冬の降水量が多い地域もある。

脚注[編集]

  1. 4月から9月に最多雨月がある場合は、その降水量が最少雨月の10倍未満である、それ以外の場合は、最多雨月の降水量が最少雨月の3倍未満であるか、最少雨月の降水量が30mm以上である。