攻略ヒロイン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

攻略ヒロイン(こうりゃくヒロイン)とは、主に恋愛ゲームにおいて主人公と恋愛関係になるヒロインのこと。「ギャルゲーヒロイン」、「ギャルゲヒロイン」、「エロゲヒロイン」、「攻略可能ヒロイン」などとも呼ばれる。また、乙女ゲームなどでは主人公と恋愛関係になるのは男性キャラなので「攻略キャラ」などの表現もある模様。

概要[編集]

攻略ヒロインはギャルゲーなどにおいてはメインヒロインと同じ意味を持つことも多い。ギャルゲーなどはルートごとに結ばれるヒロインが異なったり、複数のヒロインと結ばれるハーレム的なルートがあったりするためにメインヒロインが一人とは限らず、攻略ヒロイン全員がメインヒロインであるともいえる。例えば、『アマガミ』の絢辻詞はゲームパッケージに描かれていることからファンの間でメインヒロインとして扱われたりもするが、他のキャラと待遇で差があるわけではないため、攻略ヒロインが全員メインヒロインともいえる。

対象ヒロインと結ばれることでTRUEルートなどのエンドに結び付く場合は、他に攻略できるヒロインがいたとしてもメインヒロインと呼ばれるもある。例えば『AIR』の神尾観鈴や『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』の天ヶ崎美琴などは結ばれることで、新たなルートで続きが描かれるためにメインヒロインと呼ばれる。

非攻略ヒロイン[編集]

以下では攻略ヒロインになりにくいキャラをあげていく。

母親キャラ
主人公の母親は、攻略できないことが多い。主人公の母親は血のつながりに関わらず、エロゲーでも恋愛を主軸としているゲームでは攻略できないものが多い。攻略できた例としては『同級生2』の主人公の母親代わりだった鳴沢美佐子などがある。
兄弟姉妹
母親よりは攻略できる場合は多いものの、兄弟姉妹も攻略不可なことも多い。ただし、義理の姉妹などの場合は一転して攻略可能となることが多い。例えば『アマガミ』で血のつながりのある妹の橘美也はルートはあるが恋愛関係にはならないのに対して、『ましろ色シンフォニー』の瓜生桜乃は最初から血のつながっていない義妹と設定されていて攻略可能となっている。
教師キャラ
学園物で女性教師は多く出るものの攻略不可だったりすることがある[1]。逆に『はるのあしおと』など主人公の方が教師で生徒と恋愛していく作品もある。
男の娘
ボーイズラブの要素も含んでくるために攻略でいないことが多い。主人公が男の娘でヒロインと結ばれる作品では、主人公がヒロイン扱いのような作品となる場合がある。
ロリキャラ
主人公と年の離れたロリキャラはヒロインにはなりづらい。
主人公以外の恋人がいるキャラ
ドロドロの恋愛関係を描く作品でもなければ攻略ヒロインから外されることが多い。
人妻
不倫を描く作品でもなければ攻略できない場合が多い。

脚注[編集]

  1. 例えば、『恋と選挙とチョコレート』の東雲葉月は主人公に好意をもっており、自宅を行き来するなど親密な関係にあるのにもかかわらず、攻略ヒロインとしてのルートは用意されなかった。

関連項目[編集]