昇格ヒロイン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

昇格ヒロイン(しょうかくヒロイン)とは、主に恋愛ゲームにおいて移植などに伴い、サブヒロインからヒロインに昇格したもの。

概要[編集]

昇格ヒロインは、恋愛ゲームなどにおいて今まで攻略不可能だったサブキャラクターがコンシューマー版などへの移植などに伴い、攻略できるようになったヒロインのことを指す。18禁ゲームなどにおいてはコンシューマー版に移植する時に、18禁要素のシーンをカットするために全体の容量が少なくなるなどの理由で、新たに攻略ヒロインを入れて容量を多くするために使われることが多いが、逆に『リトルバスターズ』のように18禁化する際に、昇格ヒロインを入れる場合もある。『ワルキューレロマンツェ More&More』のように作品が好評を得て、ファンディスクが発売されると、IFストーリーなどを展開させて、サブヒロインをヒロインに昇格させることも多い。

サブキャラクターをヒロインに昇格する理由の一つに人気があるということがある。『ましろ色シンフォニー』における乾紗凪は、人気投票において既存のヒロインを抑えて、人気投票1位という結果を残し、PSP版でのヒロイン昇格につながったといえる。また、『HoneyComing』においては、PS2に移植する際に昇格ヒロインを誰にするかを投票によって決めているなど、人気があるサブキャラクターはヒロインに昇格しやすい。

SHUFFLE!』においては、当初の原作のPCゲームにおいてはヒロインは5人だった。PS2版に移植する際に麻弓=タイムカレハの二人がヒロインに昇格した。その後PCに逆移植された際に、PS2において新規登場したツボミ、SHUFFLE外伝『Really? Really!』において登場した八重桜がヒロインになっている。この場合、当初のPCゲームにはツボミ、桜は登場していないが、昇格ヒロインということもできるが、新ヒロインと呼ばれることもある。

昇格ヒロイン[編集]

コンシューマー版[編集]

コンシューマー版へ移植された際に昇格したヒロイン

PC[編集]

PCに移植、もしくはリニューアルされた時の昇格ヒロイン