廣瀬満雄

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廣瀬 満雄(ひろせ みつお、1951年 - )は、日本のパン職人、経営コンサルタント。無添加パンで知られる[1]。テレビ出演、講演多数[2][3]

経歴[編集]

1951年、東京都杉並区のパン屋の三男として生まれる[4]。1973年、東京経済大学経営学部卒業、アメリカに留学[5]。製パン機械メーカーを経て、「ミツ・ベーカリーコンサルティング」を創業した[4]。1994年、米国国務長官名で経営学博士号(DBA)を授与される[4]。1995年、東京・西荻窪に無添加パン工房「リスドォル・ミツ」を出店した[4]。「リスドォル・ミツ」は2014年、福島原発事故を受けて商品の安全性が確保できないこと、政府や業界への抗議を理由に閉店した[6][7]

著書[編集]

  • 『小資本でも儲かる1人1坪で日銭10万円商売――脱サラ』明日香出版社、1995年。広瀬満雄名義。
  • 『ミツ流ならパン屋ほど面白くて儲かる商売はない』明日香出版社、1997年。広瀬満雄名義。
  • 『ミツ流儲かるパン屋「開店開業・運営」実戦マニュアル』明日香出版社、1999年。廣瀬滿雄名義。
  • 『商売するならぜったいパン屋――パン屋とは幸せな商売でござい』リヨン社、2001年。廣瀬滿雄名義。
  • 『テレビに自分の会社が出る!――宣伝費ナシで商品がブレイクする方法教えます』明日香出版社、2003年。
  • 『パンパン売れる、パン屋開店――あなたもできる、元気ハツラツ、パン屋の経営』イデア出版局、2004年。
  • 『今、パンが危ない!――「無添加パン」に命を懸ける。』ごま書房、2007年。

脚注[編集]

  1. ソロモン流:テレビ東京
  2. 講師の講演依頼.com
  3. リスドォル・ミツ(魚拓)
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 ローチケHMV
  5. ベーカリーコンサルティング・ミツ
  6. 「無添加にこだわり19年 杉並のパン屋が閉店」『朝日新聞』2014年12月31日朝刊
  7. 食の安全と原発へ一石 西荻窪 無添加パン店廃業」『北陸中日新聞』2015年1月14日朝刊

外部リンク[編集]