千里眼

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

千里眼(せんりがん、英:clairvoyance)とは、字義的には千里先を見通す視力である。

概要[編集]

字義的に捉えると3,900km先の物を肉眼で捉える視力のため、通常の視力検査では計測不可能である[1]

通常は字義通りの意味も含めつつ例えとして用いられる場合が多く、遠い場所で起きた出来事を知覚する能力であったり、遠い未来まで見据える能力であったり、人の心の奥底まで見通す透視能力を指すような事がある。

余談[編集]

3,900km先の物を見るとなると、かなり遠視と思われ、逆に近くの物は全然見えないのかもしれない。

千里眼的な目には近視眼的な目が必要となると、オッドアイのように二種類の目を持つのが合理的なのかもしれない。

脚注[編集]

  1. 1里=3.9kmとした場合。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク