利用者:Eifuku21

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

検索エンジンの表示順位について[編集]

以下の記載は個人的・経験的に感じたことである。検証や実験したわけではないので、本当に正しいかどうかはわからない。そのような傾向が感じられるということである。

  • 描かれた記事が検索エンジンでどのような表示順位になるか、は記事の評価ともある程度リンクする。もちろん絶対的な評価とはえいえない。なぜならトップに表示されることの多いWikipediaの記事にも質の良くないものがかなり含まれているからである。
  • 一般的に言えば、Enpedia記事が検索エンジン表示順位を上げるには内容の充実した記事を書くしかないように思える。
  • Wikipediaにない記事を書くと、たいした努力をしなくとも、検索エンジン表示順位で上位に来ることが多い。(事例はあえてあげない)
  • 記事にWikipediaからのコピペが含まれていると、検索エンジン表示順位が大幅に落ちるように思われる(証明したわけではない)。記事の過去の履歴にコピペがあると、そのコピペを除去し、記事の質をあげても、全く検索エンジン表示順位が上がらないことがある(例えば井伊直弼)。検索エンジンも賢いので、その記事にある種の烙印が押されてしまっている可能性が考えられる。これが正しければ、「コピペは敵」ということになりかねない。
  • (経験的に)言えば、単独記事の質を上げるだけでなく、その記事からリンクされる記事を増やし(リンク切れを無くす)、関連記事を充実させることも検索エンジン表示順位を上げることにつながるように思われる。
  • 「ウィキペディアに記事があります」を入れている人は、ウィキペディアをみて要約する著作権法上は問題ある行為の申し訳なさを、弁解するために入れているように思える。私は記事作成時にウィキペディアを見ないので、同じ記事になることはありないから、「ウィキペディアに記事があります」は入れないことにしている。