会話 (漫画)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

会話』(かいわ)は、ナラボンによる日本漫画作品

概要[編集]

マガジンSPECIAL』2012年8月号から2014年No.12まで連載されていた漫画作品。『週刊少年マガジン』にも出張版が掲載された。2012年第38号には、著者初の単行本も発売されている。サブタイトルは会話1「」、会話2「」というように表記される。

チョコともなかの二人の女子高生を中心に繰り広げるギャグ漫画(作中でギャグマンガの世界にいるというメタ発言もある)。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

天井 ちよこ(あまい ちよこ)
本作の主人公。愛称チョコ。公立夢之森高校1年A組。会話11から2年A組になる。もなかと友達になったことで、サッカー部のマネージャーになる。巨乳。
もなかの発言に突っ込むことが多い。しかし、のせられやすい性格でもなかにのせられてしまうことも多く、痴漢を捕まえるために水着姿で囮になって電車に乗ったりもさせられている。成績はあまりよくなく、赤点をとって留年危機になったりもした。
大石 もなか(おおいし もなか)
本作の主人公。公立夢之森高校1年A組。サッカー部のマネージャー。会話11から2年A組になる。巨乳。
いつも一人でいるミステリアスな雰囲気の変わった子であるが、チョコの「やっぱ私池田君に……恋……してるのかな……?」という独り言を聞かれたと思ったチョコに話しかけられたことで友達になる。実際は聞いてはいなかったが、たまたま録音したため、チョコが池田のことを好きだということを知る。その後は、一応はチョコの恋を応援している。
所々、会話のテンポがずれており、チョコによく突っ込まれている。何だかんだで、チョコのことをのせるのがうまい。
アメリカ軍に隕石を爆破させることのできる人物に電話をしたりするなど謎の多い人物。成績はいい模様。

公立夢之森高校[編集]

サッカー部[編集]

池田(いけだ)
サッカー部の一年生。会話11より二年生になる。ちよこが好意をもっている男子。
会話21で、チョコに何故劇でキスしたのかを問われたことで付き合うことになる。能力は高いが、性格はクズ。チョコを強引に抱こうとしたりする。会話30で、チョコが太ったからと別れる。
河合 ちえり(かわい ちえり)
会話11より登場。チョコともなかが2年に進級したときにサッカー部のマネージャーとなった1年生女子。裏表のない良い子。巨乳。
大地先輩(だいちせんぱい)
2年のFW。全国サッカー高校選手権で試合中にナイフで切られて負傷退場する。だが、「審判にばれずに斬るととは悔しいが、これも一つの技術」という解釈をしている。
水野先輩(みずのせんぱい)
2年のFW。炎のストライカー。全国サッカー高校選手権で試合中に硫酸を足にかけられて負傷退場する。

その他[編集]

杏(あんず)
2年C組の女子。会話17より登場。可愛いと評判で池田の幼馴染。巨乳。
最初はチョコと池田の仲を応援するといったが、自分も池田のことを好きだと気づいてので協力を撤回。池田と付き合い始めたチョコに決闘を申し込むも、王老師のもとで鍛えたチョコに3時間の死闘の末に敗れて池田を諦める。
ヴァンパイアハンターで、代々そういう家系らしい。
キャプテン
会話20に登場。オネエの人格「ヒロミ」がある二重人格の男。ヒロミが池田のことを好きで、チョコと池田のキスシーンがある劇に嫉妬して、中止に追い込もうとした。
会田(あいだ)
会話27から登場。チョコに告白するも振られる。容姿・学力は普通だが、性格は良い。正体は、吸血鬼(ヴァンパイア)で杏に襲われそうになったりしている。

その他[編集]

コーチ
中学のころのもなかにサッカーを教えていた人物。チョコが留年危機になったときに勉強を教えて、チョコが無事に追試を乗り越えることになった。
サンタクロース
会話8と会話22に登場。会話8ではテロリストに捕えられたチョコともなかを救う。会話22では、チョコが池田に告白するきっかけをつくる。
高須スバル
会話25に登場。チョコともなかが通うことにしたスパルタゼミナールの塾長。古代スパルタの戦士で塾の掟を破ると体罰を加える。ドラゴンを相手にしても勝利する。
王老師(わんろうし)
会話24に登場。埼玉の秘境に住んでいる「武術を極めた」と言い張っている。どう見ても人間ではないが人間だと言い張っている。杏と決闘することになってしまった、チョコに一週間の修業をさせる。
会話29にも登場し、女の子を盗撮して疑われたが、他に盗撮している人がいたために助かった。
ドクター平林(ドクターひらばやし)
会話31に登場。催眠術師でテレビや催眠術モノのAVに出ている。池田に振られた記憶を消したいというチョコに自分で乗り越える道を示すなど、見かけによらず良い人。

用語一覧[編集]

公立夢之森高校(こうりつゆめのこうこう)
チョコたちの通う高校。

単行本[編集]

講談社コミックス講談社)より発売。全2巻。

タイトル 初版発行日 ISBN 備考 サブタイトル
会話 1 2013年11月15日 ISBN 978-4-06-394975-9
  • 会話1 邂逅(かいこう)
  • 会話2 チョコともなか
  • 会話3 この地球の反対側で(このほしのうらがわで)
  • 会話4 奇跡の価値(きせきのかち)
  • 会話5 命の洗濯を(いのちのせんたくを)
  • 会話6 灼熱の牢獄(しゃくねつのろうごく)
  • 会話7 破滅の使者(はめつのししゃ)
  • 会話8 聖誕祭(せいたんさい)
  • 会話9 グラウンド上の悪魔(グラウンドじょうのあくま)
  • 会話10 迷い子の行方(まよいごのゆくえ)
  • 会話11 魔女狩り(まじょがり)
  • 会話12 罪と罰(つみとばつ)
  • 会話13 貴女が教えてくれた事(あなたがおしえてくれたこと)
  • 会話14 サプライズを君に(サプライズをきみに)
  • 会話15 海の守り神(うみのまもりがみ)
  • 会話16 業の眠る島(ごうのねむるしま)
  • 会話17 それぞれの想い(それぞれのおもい)
会話 2 2015年1月16日 ISBN 978-4-06-395194-3
  • 会話18 想い出の日々よ(おもいでのひびよ)
  • 会話19 悪魔の微笑み(あくまのほほえみ)
  • 会話20 闇に潜む者(やみにひそむもの)
  • 会話21 駆け抜けた先に(かけぬけたさきに)
  • 会話22 恋と奇跡とジングルベル(こいときせきとジングルベル)
  • 会話23 忍び寄る影(しのびよるかげ)
  • 会話24 血のバレンタイン(ちのバレンタイン)
  • 会話25 新たなる戦い(あらたなるたたかい)
  • 会話26 君の見た夢(きみのみたゆめ)
  • 会話27 揺れる心(ゆれるこころ)
  • 会話28 闇に生きる者(やみにいきるもの)
  • 会話29 盗まれた風景(ぬすまれたふうけい)
  • 会話30 人か獣か(ひとかけものか)
  • 会話31 忘却の代償(ぼうきゃくのだいしょう)
  • 会話32 幸福の形(こうふくのかたち)
  • 最終話 おしてイケル
  • 番外編
  • 番外編 マガジン本誌出張版「悲しい日曜日(かなしいにちようび)」

外部リンク[編集]