リ・チュニ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リ・チュニ朝鮮語리 춘히1943年7月8日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国の女性アナウンサー。

経歴[編集]

1943年に労働者の娘として誕生。しかし、冷戦により地獄北朝鮮の国民になることに。[1]しかし、運良く北朝鮮ではよい待遇をうける家格であったため、高等教育の対象に推挙される。

高級学校[2]、大学と順調に進学していき、国立演技団に入団した。その後、女優として活動する傍ら、朝鮮中央放送委員会のアナウンサー候補として選抜・教育を受けることに。そして、1971年に同委員会のアナウンサーとして採用。1974年にはついにアナウンサーとしてデビューした。

その後は重用され、重大な放送の担当を務めるように。しかし、近年は登場回数を「後進育成のため」として、減らしている。

ネットミームとして[編集]

彼女はニュースで朝鮮中央テレビの映像が流れる際にほとんど出演しているため、日本ではネットミーム化している。

MAD動画も多数つくられているが、多くの場合「北朝鮮の女性アナウンサー」と記載されている。「このページを開くまで本名を知らなかった」という人も多いのではないだろうか?

アナウンサーとしての評価[編集]

日本で彼女がニュースに流れる際に吹き替えがされていたり、ネタにされているせいで見落とされがちだが、実はアナウンサーとしてかなり優秀である。

報道内容によって抑揚や言葉遣いを自由に操り、瞬時に声質を変えることが可能である。その特性は、ほぼプロパガンダの北朝鮮のテレビにおいて最大限に発揮される。重用されるのにも頷ける。

脚注[編集]

  1. 今でこそ貧しいが、漢江の奇跡が起きるまではむしろ北朝鮮の方が豊かだった。
  2. 日本でいう高校。