ラコタ共和国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラコタ共和国(Republic of Lakotah)は、アメリカ合衆国からの独立を宣言しているミクロネーション

概要[編集]

インディアンラコタ・スー族が、2007年12月17日に独立宣言をした地域。アメリカ合衆国のネブラスカ州サウスダコタ州ノースダコタ州モンタナ州ワイオミング州の一部分の地域を独立国としている。ただし、独立を承認している国家は一つもない。[1]

歴史[編集]

元々は、レッドクラウド戦争後の1868年に「ララミー砦条約」が締結されてインディアン固有の地域が認められた。しかし、1874年にアメリカ合衆国側が一方的に破棄。ブラックヒルズを含む地域がアメリカ合衆国に編入された。このようにアメリカ合衆国は、一度認めたラコタ共和国の独立を一方的に破棄した経緯がある。2007年の独立は、アメリカ合衆国が条約を守っていないことを根拠にしている。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. 2018年時点。