ヒロシマ3部作

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヒロシマ3部作(ヒロシマさんぶさく)は、那須正幹によるお好み焼き店を切り盛りする女性3代を通じ広島市の戦後を描いた児童文学作品。歩きだした日様々な予感めぐりくる夏の3作品からなり、2011年に刊行された。2012年には第52回児童文学者協会児童文学賞を受賞した。