チョットデキル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

チョットデキルとは、Linux開発者リーナス・トーバルズによる「ワタシハリナックスチョットデキル(I can develop Linux a little)」に由来する、謙遜のことばである。対義語として完全に理解したなどがある。

発端は、オープンソースのオペレーティングシステムであるLinuxの国際的な交流会、「LinuxCon 2014 Japan」にてノベルティとして配布されたTシャツの文言[1]。登壇したLinux開発者、リーナス・トーバルズも同Tシャツを着用しており、開発者自身が「チョットデキル」Tシャツを身にまとう、という状態になった。この画像が話題となり、チョットデキル=(本当は子細まで知り尽くしているにもかかわらず)自身の技術や知識について謙遜することば、との認識が広がった。

脚注[編集]