タンジェリン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タンジェリン(Tangerine)はミカン属の柑橘の一種。当項目ではレッド・ツェッペリンが1970年に発表した曲について主に記述する。

柑橘としてのタンジェリン[編集]

マンダリンオレンジポンカンと近縁な種。シトラス(柑橘類)に属するミカンの中でも皮の色が濃いものを区別して呼んでいるようである。

レッド・ツェッペリンの楽曲[編集]

概要[編集]

レッド・ツェッペリン III」のB面二曲目に収録され、レコードの演奏時間は3分10秒。これまでの彼らのイメージを変えるようなメロウなフォーク曲。

原曲はジミー・ペイジがヤードバーズ時代に書いていた未発表曲「Knowing That I'm Losing You」であり、主にオープンCチューニングのアコースティックギターによる演奏。アルバムの日本発売当初は「タンジール人」という見当違いな邦題が付いていたが、なかったことにされた。

ライヴ演奏[編集]

1971年8月24日の武道館公演からアコースティックセットの演奏曲目入りし、1972年6月27日のロング・ビーチ公演までセットリストにあった。当初はプラントとペイジのみによるシンプルなアレンジだったが、1975年のアールズ・コート公演で再び演奏された際にはギブソンSGダブルネックと、ドラムとベース(とメンバーのハモり)も加わり、アルバムバージョンに近い仕上がりとなっていた。

YouTube 動画リンク