スーパーコンピュータ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパーコンピュータ(英:Supercomputer)とは、コンピュータの究極形態の一つ。

概要[編集]

処理能力を極限まで高める事を目的に開発され、主に科学技術分野のシミュレーションで用いられる。

日本で2012年に登場した京 (スーパーコンピュータ)は、1,120億円という総開発費をかけて開発され、その規模はデータセンターくらい。処理能力は「とてつもなく速い」と表現された[1]

個人用コンピュータと比較すると、その速度の差はカタツムリとジェット機くらいと表現された[2]

課題[編集]

  • 利用者にスキルが無いと、スーパーコンピュータを使いこなせない[3]
  • そもそもスーパーコンピュータの認知度が低い[4]

脚注[編集]

  1. スーパーコンピュータ「京」はとてつもなく速い”. Fujitsu Japan. 2019年2月6日確認。
  2. 3分でわかるスパコン”. Fujitsu Japan. 2019年2月6日確認。
  3. 1位じゃなくても… スパコン、進み始めた利用者開拓 (2/3)”. NIKKEI STYLE (2019年1月8日). 2019年2月6日確認。
  4. 1位じゃなくても… スパコン、進み始めた利用者開拓 (3/3)”. NIKKEI STYLE (2019年1月8日). 2019年2月6日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク