サントリーホール

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

サントリーホール(さんとりーほーる、英、Suntory Hall)は、東京都港区にある音楽ホールである。公益財団法人サントリー芸術財団が運営し、約550の公演に約60万人の来場者を迎える[1]

概要[編集]

1986年10月12日に開館したクラシック音楽コンサートの専用ホールである。東京で最初のコンサート専用ホールとして、「世界一美しい響き」をコンセプトに開館した。大ホールと小ホールがある。東京交響楽団NHK交響楽団などが定期演奏会を開催する。日本で初めてヴィンヤード(ブドウ畑)形式を採用した。2017年2月から7ヶ月間に亘り、過去最大規模の全館改修工事を行った。

  • 正式名称:サントリーホール
  • 所在地:〒107-8403 東京都港区赤坂1丁目13番1号
  • 交通:東京メトロ銀座線・南北線の溜池山王駅13番出口。徒歩7分。
  • 建築設計:安井建築設計事務所・入江三宅設計事務所
  • 音響設計 :永田音響設計
  • 残響時間(満席/500Hz)2.1秒 [2]
  • 施工:鹿島建設
  • 客席数(大ホール):全2006席
  • 客席数(小ホール):384 or 432名(演奏会標準)「ブルーローズ」

参考文献・注釈[編集]