ゲームデバッガー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームデバッガーは、開発中のゲームソフトを繰り返しプレイし、ゲーム中のバグ(プログラムミス)を発見する職業。

例えばあるゲームソフトで、マップ上のある地点を通過すると突然画面が固まるとか、ゲーム上の登場人物の台詞がおかしいとか、近年はゲームの容量が大型になるにつれ、プログラムがますます複雑化し、バグの数も増加しているため、ゲーマーの需要は増加している。このような場合はゲーム会社の社員がチェックする場合もあるが、先入観の無い人に任せた方が実際に市場に出した時と近い反応を得ることができるためである。

この仕事は募集広告を出すと1日中、ゲームをしているだけで報酬が貰えるため、ゲーム好きな若者に人気がある。ただし、チェックするゲームソフトは選べないため、嫌いなゲームでもプレイしてチェックすることが求められるし、自分の好きなようにプレイはできず、決められた範囲内のチェックを行う単調な作業が中心となる。