カンピュータ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少勘を含みます。
勘でお読み下さい。

カンピュータ(勘ピュータ)とは、人間の"勘"を演算に利用したコンピュータ

ニューロ素子による超多層ニューラルネットワークシステムであり、入出力制御を中央演算処理装置内で一体的に行うという特徴がある。

計算の手法[編集]

何らかの問題に直面した際、論理的に解決法を導かず、直感を信じるという手法を取る。何かひらめきが降りてくるという時もある。

何らかの時間的制限などを設けることによって、高効率の勘演算が実現できる可能性が指摘されている。詳しい演算機序等はカンピュータ自身によって研究中であるが、隠れ層の解析は困難を極めている。

直感で一瞬で答えが出るというか、時には問題を出す前に答えが出る時もあるので、その答えは当てにならない時もあるが、演算速度は量子コンピュータを超える時もある。

学習[編集]

本手法の採用には、少なくとも数年から数十年の教師なし学習および教師あり学習が前提となる。

学習には演算部と一体化した各種出入力装置が用いられる。

カンピュータは個体差が大きく、同じカンピュータでも処理能力で差が大きい事は多い。

学習効率の向上等が課題であり、現在の日本では教師あり学習について学習指導要領が発表されている。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク