ひかり劇場

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ひかり劇場(ひかりげきじょう)は、かつて岐阜県可児郡可児町(現・岐阜県可児市)にあった映画館。大正期以前に劇場の東雲座(しののめざ)として開館し、1960年に映画館のひかり劇場となった。

  • 所在地 : 岐阜県可児郡可児町
  • 開館年 : 大正以前(劇場として)、1960年(映画専門館として)
  • 閉館年 : 1965年頃

歴史[編集]

昭和初期の東雲座では週2-3回の頻度で映画が上映され、上映のたびに恵那の大井にある配給元から映写機が持ち込まれた。座布団や火鉢が5銭程度で貸し出された。1935年(昭和10年)には1階に映写室が設置され、しだいに単なる劇場から映画館としての性格を強めた。1955年には映写室を2階に移動させた。1960年には花道などを撤去して映画専門館に改修され、東雲座からひかり劇場に改称した。しかしテレビが普及するにあたって客足が減り、1965年頃に閉館となった。

参考文献[編集]

  • 『可児町史 通史編』可児町、1980年、p.1264