『吾輩は猫である』殺人事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『吾輩は猫である』殺人事件とは、奧泉光長篇小説である。表題からも推察出來るとほり、夏目漱石の『吾輩は猫である』のパロデイ(オマージユ)作品である。「新潮社創立100年純文學書き下ろし特別作品第一彈」として書き下ろし刊行された。

ストーリイは、『吾輩は猫である』の跋部で甕に溺れて死んだはずの主人公猫が、氣づけば何故か上海に上陸してをり、そして新聞で日本の苦沙彌先生(くしやみせんせい=飼ひ主の名)が殺害されたとの報せを知り、殺害された理由を調査する。と云ふものである。何故上海に上陸してゐるのかは、本作品の根柢を流れる謎であり、此れが事件の核心と大きく關係してゐる。現地の樣々な猫たちと主人公猫たちが推理を行ひ、冒險をする。

本作品最大の特徴は、人物(猫物?)設定・舞臺設定だけでなく、其の文體に至るまで『吾輩は猫である』をパロデイしてゐる點である。舊字舊假名遣ひは無論のこと、踊り字や漱石獨特の漢語の使用法・言ひ囘しに至るまで、細かく摸倣をしてをり、校正者はさぞかし苦勞しただらうなァ、と云ふこだはりの仕上がりに成つてゐる。

書籍情報[編集]

關聯項目[編集]