URAHARA

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

URAHARA』(うらはら)は、2017年10月から放送される日本アニメ作品

概要[編集]

クランチロールのコミック「PARK:HARAJUKU Crisis Team!」のアニメ化作品[1]。オリジナルアニメシリーズと『URAHARA』として放送する。

ストーリー[編集]

第1話
原宿で店「PARK」を開いている須藤りと白子まり綿紬ことこの三人。そんな三人の暮らす世界にスクーパーズら謎の飛行物体が襲来する。スクーパーズは世界の文化的な建造物を次々と盗んでいく。三人は自分たちの居場所である「PARK」に戻ることにして、途中でスクーパーズから逃げてきたという丸野みさとそのペットであるエビフリャーと合流。さんにんの少女はスクーパーズ相手に原宿を守るために戦うことになるのだった。
第2話
スクーパーズを倒した後に飛んできたミサイルから原宿を守りたいという想いから、原宿中を壁で覆った三人。わけのわからない事態なりにも周囲を捜索するなど状況把握につとめていく。そんな中、スクーパーズの以前よりも強い敵が襲来。三人は苦戦しつつも、口の中への弱点をついて倒す。そうしてでてきたポップコーンを食べていると、何やら周囲が騒がしくなるのだった。
第3話
原宿に閉じ込められたのは他にもいたことを知った三人。そんな中、クレープ屋で頑張っているさゆみんと出会う。さゆみんが渡したクレープを食べたみんなは笑顔となっており、三人もクレープを食べて笑顔になる。りともみんなを笑顔にしようと絵を描くことを思いつくが、中々アイデアが出ずに困ってしまう。さゆみんに話してみたところ、描きたい絵を描けばいいとアドバイスして、壁に描かれたりとの絵のファンと言って立ち去っていく。りとは自分の描きたい絵を新しく壁に描いてみることにする。描いている途中、スクーパーズが襲撃。三人はスクーパーズを撃退したところ、白子が現れる。三人は白子を連れて帰ることにして、いったん店に戻る。そして、再び家の絵を描いて完成して、みんなからも好評となるのだった。そして、お店に戻って作業をしていたとところ、何やらことこの視覚に異変が生じるのだった。

登場人物[編集]

須藤 りと(すどう りと)
声 - 春奈るな
好きなファッションスタイル:ストリート。本作の主人公。
白子 まり(しらこ まり)
声 - 上坂すみれ
好きなファッションスタイル:ロリータ。
綿紬 ことこ(わたつむぎ ことこ)
声 - 石見舞菜香
好きなファッションスタイル:プレッピー。
丸野 みさ(まるの みさ)
声 - 天野心愛
アメリカでスクーパーズに拉致されたという少女。脱出したところ、りと達と会う。
エビフリャー
声 - 松本保典
みさのペット。
さゆみん
声 - 飯田里穂
クレープ屋のお姉さん。
DJアオヤマ
声 - REINA SCULLY
新宿から放送しているラジオDJ。
白子
声 - 伊達朱里紗森永千才吉田有里
アニメ第3話で倒したスクーパーズから現れる。
アナウンサー
声 - 大井麻利衣
第1話で謎の飛行物体が建造物を吸収している報道をした。
街の女性
声 - 新田早規佳穂成美
アニメ第3話登場。
街の男性
声 - 小林大紀白石兼斗
アニメ第3話登場。

用語一覧[編集]

スクーパーズ
自分の星に文化もなく、文化を生み出す力もない。そのため、他の星から文化を盗んでいる。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 総作画監督 総作画監督補佐 エンドカード
第1話 ドーナツクライシス 高橋ナツコ 荒川眞嗣 鈴木孝聡 川上遥、松下じゅんこ、白川茉莉
津熊健徳、中島美子、北村淳一
藤田まり子 大塚あきら OMOCAT
第2話 ポップコーンパニック 高橋ナツコ
渡邊大輔
前島健一 村山靖 徳川恵梨、Shin Hyung Sik、那須野文
永井泰平、Kim lin Young、Lee Deok Ho
桝井一平
藤田まり子 大塚あきら
高原修司
玉野ハヅキ
第3話 クレープクレービング 成田順
高橋ナツコ
宇根信也 宇根信也 加藤壮、福田瑞穂 藤田まり子 大塚あきら YUtuKI

脚注[編集]

外部リンク[編集]