CDN

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CDNとは、Content Delivery Networkの略。

概要[編集]

CDNは、コンテンツを複数のサーバーに格納してコンテンツ利用者からのアクセスを分散し、高速化・効率化させるためのネットワークである。CDNを利用して動画・圧縮ファイル・アセット(画像・スクリプト・スタイルシート)などの静的コンテンツを配信すれば、クライアントからの大量の接続を受けた際にWebサーバーやネットワークに掛かる負荷をうまく分散できる。また、距離的に近いサーバーからの配信が期待できるので、結果として配信が高速化される。[1]

CDNで有名なサービスはCloudflare

CDN上に一時的にキャッシュが残るので、一時的に古いWebページが表示される事もある。CDNの設定画面からキャッシュを手動でパージするような事もできたりする場合はある。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク