福好昌治

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福好 昌治(ふくよし しょうじ、1957年 - )は、日本の軍事評論家。

軍事問題研究会事務局長[1]大阪経済法科大学アジア研究所客員研究員を経て[2]、同所長補佐[3]。軍事専門誌『軍事研究』、『』などに執筆。

著書[編集]

  • 自衛隊・ここまで暴露せば殺される』 あっぷる出版社、1991年
  • 『自衛隊・ここまで暴露せば殺される 続』 あっぷる出版社、1992年
  • 『「自衛隊+在日米軍」の実力――知られざる「防衛システム」の正体!』 軍事ジャーナリスト会議共編著、宝島社(別冊宝島Real)、2002年
  • 『平和のためのハンドブック軍事問題入門Q&A40――国防軍・集団的自衛権・特定秘密保護法』 梨の木舎、2014年
  • 『徹底解剖自衛隊のヒト・カネ・組織』 コモンズ、2017年

訳書[編集]

  • 『世界の主力軍用機』 スティーブ・クロフォード著、アリアドネ企画、発売:三修社、2003年
  • 『世界の主力軍艦』 スティーブ・クロフォード著、アリアドネ企画、発売:三修社、2003年

分担執筆[編集]

  • 『最新有事法制情報』 社会批評社編集部編、社会批評社、2003年
  • 『今こそ知りたい!自衛隊の実力』 別冊宝島編集部編、宝島社(宝島社文庫)、2003年
  • 『アメリカ太平洋軍の新戦略』 米軍特別取材班編、アリアドネ企画、2004年
  • 『極東有事と自衛隊』 自衛隊特別取材班編、アリアドネ企画、2004年

脚注[編集]

  1. 福好昌治、軍事ジャーナリスト会議編著『「自衛隊+在日米軍」の実力――知られざる「防衛システム」の正体!』 宝島社(別冊宝島Real)、2002年
  2. 最新有事法制情報 社会批評社編集部(編) - 社会批評社 版元ドットコム
  3. 設立経緯・活動理念・組織構成 大阪経済法科大学