砂川リチャード

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砂川 リチャード オブライエン(すながわ リチャード オブライエン、1999年6月18日 - )は、沖縄県中頭郡北中城村出身[1]福岡ソフトバンクホークスに所属する野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

北中城村立北中城中学校では、同校の軟式野球部硬式野球の「中部育成会」に所属していた[1]。3年生の時には、中頭地区陸上競技大会において男子砲丸投げで3位に入賞した経験を持つ[2]

高校は、那覇市沖縄尚学高等学校に進学。甲子園出場経験は無いが、3年生の春季沖縄県大会では通算打率.444を記録し[3]、高校通算25本塁打の長打力が注目される[4]

2017年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成選手三巡目指名され、12月1日、入団交渉において支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で契約合意に達し[3]、12月7日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[5]

背番号127

プロ入り後[編集]

選手としての特徴[編集]

  • 高校通算25本塁打の大型内野手[4]

人物[編集]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 127 (2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 沖尚の砂川、プロ志望”. 沖縄タイムス (2017年10月3日). 2018年9月29日確認。
  2. 北中城中学校沿革史”. 北中城村立北中城中学校. 2018年9月29日確認。
  3. 3.0 3.1 砂川「チャンス逃さず」 育成枠でソフトバンク入団”. 琉球新報 (2017年12月2日). 2018年9月29日確認。
  4. 4.0 4.1 25発沖縄尚学・砂川リチャード、清宮の打球に脱帽”. 日刊スポーツ (2017年5月27日). 2018年9月29日確認。
  5. 2017/12/07(木) 選手 新入団会見レポ。1位吉住投手「夢は最多勝」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月7日). 2018年9月30日確認。
  6. 夢の日米兄弟対決へ、ソフトバンク・砂川リチャードの挑戦”. スポーツ報知 (2018年6月20日). 2018年9月29日確認。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]