決定理論

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

決定理論(けっていりろん)は、意思決定や経営戦略を下すときに最適な方法を統計学的に考察して導き出す理論。統計的決定理論意思決定理論などとも呼ばれる。

概要[編集]

決定理論においては、確率が分かっているときには期待値が最大になる意思決定を選択するのが合理的だと考えられている。理論では、個人や法人は意思決定を行うときに期待値が最大となる行動を行うものと考えられている。

自己決定理論[編集]

外発的動機付け、内発的動機付けについて裏付けるための理論。外発的動機による行動であっても、内発的動機による自律性が生まれていくというもの。

ゲーム理論[編集]

現実の意思決定では自己だけではなく、他者がかかわってくることが多い。こうした他者がかかわる場合の意思決定に対する考え方は、ゲーム理論として扱われている。

関連項目[編集]