広島県呉市猫連続惨殺事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広島県呉市猫連続惨殺事件(ひろしまけんくれしねこれんぞくざんさつじけん)とは、2012年3月から2013年4月に渡り、計26匹の猫が惨殺された死骸で発見された事件。

概要[編集]

犠牲となった猫は野良猫と見られており、死骸が発見された場所では目立つ血痕が無かったようで、別の場所で殺害された後に遺棄されたと見られている。

死骸には刃物で切られたような痕が見られたが、犯人が人間かどうかも分かっていないようで、逮捕には至っていない模様。

27匹目以降の死骸が発見されていない事から、事件は鎮静化したと見られている。

関連項目[編集]