安部桂司

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安部 桂司(あべ けいじ、1939年[1] - )は、北朝鮮問題研究家、元通産省技官[2]。ペンネームは安部南牛[3]安部奎輔名義の著書もある[4]

2000年頃から北朝鮮の工業・農業に関する研究を発表しており[5]産経新聞によると「日本統治時代の北朝鮮の産業遺産に詳しい」とされる[3]。もともとは化学分野[2]、公害問題の専門家であったが[5]、「日朝国交正常化を前に、日本が北朝鮮に残した産業遺産が戦後、公害を垂れ流していないかの調査を求められ、北朝鮮に関心を持ち始めた」という[2]

著書[編集]

  • 『藤澤勘兵衛と土浦用水』 安部奎輔著、STEP、1994年
  • 『藤沢勘兵衛と研究学園都市の概成』 安部奎輔著、STEP、1995年
  • 『北朝鮮の軍事工業化――帝国の戦争から金日成の戦争へ』 木村光彦共著、知泉書館、2003年
  • 『戦後日朝関係の研究――対日工作と物資調達』 木村光彦共著、知泉書館、2008年
  • 『「次の戦争」に備える――筑波研究学園都市概成史』 論創社、2019年
  • 『日共の武装闘争と在日朝鮮人』 論創社、2019年

脚注[編集]

  1. 安部, 奎輔, 1939- Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
  2. 2.0 2.1 2.2 《zak女の雄叫び お題は「会」》「日本は朝鮮半島で良いこともした」-本当のことを言えない異常 zakzak(2017年9月8日)
  3. 3.0 3.1 【「北朝鮮経済史」を読む】創氏改名は「朝鮮が希望、日本は反対」 「左翼」が作った北朝鮮史は欺瞞に満ちていた…(1/4ページ) 産経ニュース(2017年1月6日)
  4. 日共の武装闘争と在日朝鮮人 論創社
  5. 5.0 5.1 中川雅彦「書評 木村光彦・安部桂司著『北朝鮮の軍事工業化--帝国の戦争から金日成の戦争へ』」『アジア経済』45巻1号、2004年1月

外部リンク[編集]