太田捺

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 捺(おおた なつ、2007年9月12日 - )は、日本の女子近代五種選手。2歳上の姉・太田楓も近代五種選手である。

経歴・人物[編集]

2007年9月12日、根室市に生まれる[1]

5歳のときより水泳を始める(根室スイミングクラブ所属[2])。小学校4年のとき、菅原美香コーチの勧めで近代三種(水泳、ランニング、射撃)を始める。翌年、ドイツで行われた国際大会で年代別2位を記録する。2017年及び2018年、近代三種日本選手権「小学生の部」1位。2019年、ソフィア(ブルガリア)で行われたユース世界選手権近代五種「16歳以下の女子リレー」に姉と共に出場し、日本人として初となる優勝。小6[3]のとき近代五種のポーランドオープン国際大会で「18歳以下の部」3位[1]

2020年4月1日、根室市立光洋中学校入学。11月29日、宇都宮市河内総合運動公園で行われた全日本選手権の最終日、姉の太田楓は3位入賞。自身も来年の日本代表選考で女子の最高位となった。この時の心境を、サンスポの取材に対し、「びっくりしたが、うれしい。もし代表に入れたら東京五輪を目指して頑張る」と語っている[4]

東京五輪に出場するためには世界各地で行われるワールドカップを転戦し、成績に応じた「ポイント」を貯める必要がある。日本の近代五種女子の出場枠は最大で2人だが、この2枚の切符を代表に選ばれている4人で争う。2020年11月に代表入りした太田はポイント争いで他の3人に出遅れ、不利な立場にあるが[5]、東京五輪が1年延期されたことで可能性が出てきた。2021年6月の世界選手権(ベラルーシ・ミンスク)で3位以内に入れば、逆転で五輪出場の可能性がある。なお、実現すれば日本人の夏季五輪出場の最年少記録を更新することになる[1]

2021年3月24日、ワールドカップ・ブダペスト大会の予選を首位タイの1059点で突破[6]。3月26日、33位で決勝を終える[2]

2021年6月22日、東京五輪の日本代表にはなれないことが確定した[7]

人物・エピソード[編集]

2021年1月のデータであるが、両親と姉・弟・妹がいる。好きな芸能人は千鳥。156センチ、45キロ。血液型O。

レーザー射撃の道具は菅原コーチがそろえた。2018年、北海道フェンシング協会理事長(当時)下野謹也の元を訪れ、基本的な技術指導や道具の購入を手伝ってもらった。馬術の練習は、菅原コーチの父・勝征が運営する根室乗馬クラブを利用。すべて根室で練習できる体制が整った。フェンシングは、菅原コーチ宅の近所にある倉庫を借りて行っている。「練習はつらいけど、結果が出るとうれしい。他ではなかなかできない経験をさせてもらっている。結果を出して恩返しがしたい」と日刊スポーツの取材にコメントしている[1]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 永野高輔 (2021年1月28日). “根室光洋中・近代五種太田捺 最年少五輪代表へ挑戦”. nikkansports.com. 2021年4月8日確認。
  2. 2.0 2.1 近代五種の史上最年少日本代表・太田捺がW杯33位”. news.goo.ne.jp2021年3月28日). 2021年4月8日確認。
  3. 2019年の公算が大きい
  4. 13歳の太田捺、近代五種代表選考でトップ「びっくりしたが、うれしい」”. sanspo.com2020年11月29日). 2021年4月8日確認。
  5. 加藤美穂 (2021年3月18日). “史上最年少で東京五輪へ”. nhk.or.jp. 2021年4月8日確認。
  6. 13歳の太田捺が首位で突破 近代五種W杯”. sankei.com2021年3月25日). 2021年4月8日確認。
  7. 東京オリンピック男子1名、女子2名出場選手内定!!”. pentathlon.jp. 公益社団法人日本近代五種協会 (2021年6月22日). 2021年7月6日確認。