大阪府泉大津市コンビニエンスストア1万円窃盗事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大阪府泉大津市コンビニエンスストア1万円窃盗事件(おおさかふいずみおおつしコンビニエンスストアいちまんえんせっとうじけん)は、2012年6月にコンビニエンスストアから現金1万円が盗まれた事件。

概要[編集]

2012年6月に大阪府泉大津市コンビニエンスストアで、店員がレジを開けたすきに現金1万円を盗んだとして男性Aが逮捕・起訴された。

刑事裁判[編集]

検察側は、犯人と思われる男が逃走時に自動ドアの出入り口を手で開ける様子が防犯カメラに映っていたことやコンビニのドアに残されていた指紋が男性と一致したとして、男性Aを2012年8月に起訴。

弁護側は、2012年10月に事件5日前に男性Aがドアの同じ部分を触る様子を写した防犯カメラの映像を検察に開示させる。また、男性Aは事件発生時に友人と自宅にいたとするアリバイを主張。これらのことから無罪を主張した。これに対して検察側は事件前の店員の清掃で5日前の指紋は消えたと主張した。2013年6月に男性Aは保釈されている。

2014年7月8日、大阪地裁岸和田支部(渡辺央子裁判官)は無罪判決(求刑・懲役2年6月)を言い渡した[1]。判決では、店員の清掃で指紋が消えたとする検察側の主張を退けて5日前についた指紋である可能性があるとした。また、アリバイの主張に対しても不自然な点はないと述べる。

大阪地検岸和田支部は7月22日、控訴を断念したと発表[2]。無罪判決が確定した。

民事裁判[編集]

2014年9月18日付で、無罪が確定して刑事補償法に基づき補償を請求していた男性に大阪地裁岸和田支部は勾留されたことに対する補償金として377万5000円を支払う決定をした[3]。男性は2012年8月の逮捕から約300日勾留されており、渡辺央子裁判官は「歌手デビューを目指して所属していた芸能プロダクションを辞めざるを得なかった」として、法の上限となる1日あたり1万2500円の交付を決定した。

無罪判決確定後、男性は大阪府と国を相手に慰謝料など計約1060万円の賠償を求めて大阪地裁に提訴[4]。男性側は「捜査当局は自らに不利な事実を隠した」と主張して、「タレント養成所を退学せざるを得なくなった」と慰謝料を請求[5]。大阪府は「逮捕したのは相当の容疑があったため」と違法性を否定。2015年4月17日の第1回口頭弁論で、国と大阪府は請求棄却を求めた[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]