合成数

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

合成数(ごうせいすう)とは、1とその数以外の約数をもつ自然数である。素数に対する概念。同じ素数を2乗してできた合成数の約数は3個(1、その素数、その合成数)あり、それ以外は4個以上ある。一の位が2,4,5,6,8,0のいずれかである自然数は必ず合成数となる。

100以下の合成数[編集]

4, 6, 8, 9, 10, 12, 14, 15, 16, 18, 20, 21, 22, 24, 25, 26, 27, 28, 30, 32, 33, 34, 35, 36, 38, 39, 40, 42, 44, 45, 46, 48, 49, 50, 51, 52, 54, 55, 56, 57, 58, 60, 62, 63, 64, 65, 66, 68, 69, 70, 72, 74, 75, 76, 77, 78, 80, 81, 82, 84, 85, 86, 87, 88, 90, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 98, 99, 100