ルサンチマン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルサンチマン(フランス語:ressentiment)は恨み、憎しみ、妬みの感情のこと。哲学では、弱者が金持ちや権力者などの強者に対する恨み憎しみを意味する。

概要[編集]

弱者は強者に対してこれらの感情を持つのは、次の理由がある。

  • 強者が弱者の本来もらえるはずの財産や仕事を持って行っている(憎しみ)。
  • あいつらばっかいいなー(嫉妬)。
  • こっちがこんなに苦しんでるのに何優雅な生活送ってんだよ!(怒り)

などである。これらの理由でルサンチマンな感情を持ってしまうと思われる。

なお、根拠のないものや、なんとなく富裕層にいらっときてたり、憧れが形を変えてしまった急に詩的になるなという理由が大半である。[要出典]

ちなみに、感情についての話なので、サイコ的に(ここでのサイコは心理学という意味)使用されたり分類されることもある。