ビデオボーイ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビデオボーイは、日本の男性誌。AV情報誌を兼ねたグラビア誌である。1984年創刊。月1回刊行[1]。英知出版から[2]出版されていた。

1983年に創刊した我が国初のビデオ情報誌『月刊ビデオボーイ』とは異なる[3]


概要[編集]

『朝日年鑑1985』は、「ビデオ雑誌も1984年の流行分野の一つ」と、『ビデオスポット』(秋田書店・月刊)、『ビデパル』(東京三世社・月刊)などと並んで本誌を特筆した[4]

1991年には月12万部の売り上げを記録[5]。また、この頃には特別編集などという名目で写真集も発行している[6]

2004年4月11日、英知出版は新宿区の新宿ロフトプラスワンで、「ビデオボーイ20周年イベント」を開催した。川奈まり子がMCを務め、ゲストで蒼井そら・宝月ひかる・吉沢明歩・飯沢もも・三津なつみ・杉作J太郎が出演した[7]

2007年3月30日、英知出版および同社の親会社は収益低下のため営業を停止した。負債総額は23億2千万円に上った[8]。『ビデオボーイ』、『Bejean』その他の月刊誌は、2006年5月に他の出版元に移管していたので、倒産の影響を受けなかった。しばらくの間ジーオーティーから出版されるが[9]、2013年休刊[1]

その他、自前のウェブサイトを運営し、動画のダウンロードとAV女優のプロフィールを提供していた。2020年2月現在、ビデオボーイ.tvとして存続している。

その他[編集]

(有)ジェイ・リストの所有者であるPeter Payneは、「AVスターたちの動向を追うには素晴らしい雑誌だ」と述べる[10]。ジェイ・リストは、日本製品(漫画・アニメその他オタク関連)を国外にネット通販する会社である。

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 Video boy = ビデオボーイ”. NDL ONLINE. 国立国会図書館. 2020年2月7日確認。
  2. 『雜誌新聞総かたろぐ』 メディアリサーチセンター、2003年、374頁。
  3. 「AJ MEDIA GUIDE 情報誌・専門誌全100冊を読む」、『朝日ジャーナル』第25巻第40号、朝日新聞社、1983年、 114-116頁。
  4. 『朝日年鑑1985』 朝日新聞社、1985年、293頁。
  5. 『1992出版指標年報』 出版科学研究所、1992年、183頁。
  6. 『画集・写真集全情報:91-96』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、1998年、33, 89, 185。
  7. 大坪ケムタ (2004年5月20日). “女の子とAVファンの熱で首都炎上! AVイベント春の陣・開催!前編”. AllAbout. 株式会社オールアバウト. 2012年7月7日確認。
  8. アダルト雑誌大手、英知出版倒産…負債総額23億円”. zakzak.co.jp. 株式会社産経デジタル. 2012年9月19日確認。
  9. 会社概要”. gotbb.jp. 株式会社ジーオーティー. 2020年2月6日確認。
  10. Peter Payne (2003年1月17日). “Greetings from J-List 27 January 2003”. J-List Side Blog. 2013年2月21日確認。

外部リンク[編集]