パチンコ依存症

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パチンコ依存症(パチンコいぞんしょう)とはパチンコがやめられなくなる一種の病気である。給料などは殆どパチンコに注ぎ込んでしまう。なお、自分の意志でパチンコ依存から抜け出すことは極めて難しく、医師の助けなしではできない模様。

人がパチンコ依存症になるまで[編集]

友達に誘われて厭々パチンコ屋に行ったパチンコ未経験の若者が少々勝ったのを切っ掛けにパチンコ依存症になってしまう。

パチンコ好きの親に育てられて幼少期からパチンコ屋に連れて行かれて育った人はパチンコ依存症になる可能性が高い。

パチプロが書いた本を読んで「簡単に勝てそうだ」と思ってパチンコ屋通いになる例。

パチンコ依存症の最後[編集]

「もう二度とパチンコやらないぞ」という強い決意の元にパチンコを止めた者以外は、生活苦や、借金を返せなくなって自殺したり、犯罪者になって刑務所行きになる場合が少なくない。

パチンコ屋のトイレは自殺が多いことで知られている。それが報道されればそのパチンコ屋には客が行かなくなって潰れてしまうので、玉が良く出るように調整してある台を警察関係者や報道関係者に教えて勝たせて報道しないように頼んでいるのである。

関連項目[編集]