ハビエル・カスターニョ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハビエル・カスターニョ(Javier Castano1965年 - )は、スペイン人。2007年からTwitter上で、悪徳業者によるスクワッティングと呼ばれるアカウントの先取売りつけ行為を防ぐために有名諸都市名や国名のアカウントを彼らに先んじて作成し、後に諸都市や国家に譲渡した人物。[1][2]

カスターニョは2007年、スクワッティングを防ぐためTwitter上で有名諸都市名や国家名称で複数のアカウントを作成し、政府や市政府に譲渡を打診し始め、政府側の要望があったものから順次当該の名称のアカウントのパスワードを無償で譲渡した。

譲渡を受けた都市や国家には、カナダ、リオデャネイロ、ローマ、日本等がある。[2]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. the gurdian Rio de Janeiro Twitter account given away for free by Spanish shoeshiner 2015.2.17(http://www.theguardian.com/world/2015/feb/17/rio-de-janeiro-twitter-account-given-away-for-free-by-spanish-shoeshiner)
  2. 2.0 2.1 ITmediaニュース Twitterアカウント「@japan」、政府が運用開始 スペインの男性から譲り受け 2015年03月18日 14時05分 更新(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/18/news108.html)