トーク:信号機

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

点滅信号の意味の由来について[編集]

黄色の点滅信号「●●⇔●●●」の意味の由来について

黄色の点滅信号の意味が、青信号の意味とよく似ていて、他の交通に注意して進む、青信号より注意力を高めて進むという理由の由来は、黄色は、有彩色・色相の中で輝度(光の明るさ)が最も高く、膨張色で、派手で目立つ色であり、視認性が高く、人目を引き付けやすい華やかな色で、注意・待てを促す色で、警告、「やや危険」の意味であり、点滅していない黄信号は「待て」「まもなく赤信号に変わる」「まもなく進めなくなる」「停止信号の始まりであるが、停止位置が近くて、安全に停止できない場合は進むことができる」の意味であり、黄色が点滅すると、注意・待て・警告・「やや危険」「まもなく進めなくなる」の意味を持ったり失ったりすることを繰り返すという意味に由来し、すなわち、青信号とよく似た意味で、他の交通に注意して進む、青信号より注意力を高めて進む、という意味になるからでしょうか?

同様に、黄色が交互に点滅している信号「●⇔●」は、カーブ先や分岐する道にあって、先の信号が見えないことを予告するための信号で、速度を抑制するという理由の由来も、上記と同じ理由でしょうか?

赤の点滅信号「●●⇔●●●」の意味の由来について

赤の点滅信号の意味が、停止位置で一時停止して、安全確認をしてから進むという理由の由来は、赤は、停止信号・止まれ・進入禁止・危険・強い警告を意味する色で、点滅していない赤信号は、停止信号・進入禁止の意味であり、赤が点滅すると、止まれ・進入禁止・危険・強い警告の意味を持ったり失ったりすることを繰り返すという意味に由来し、すなわち、止まってから注意して進む、という意味になるからでしょうか?

青の点滅信号「●⇔●●」の意味の由来について

青の点滅信号の意味が、黄信号と同じで、「待て」「まもなく赤信号に変わる」「まもなく進めなくなる」という理由の由来は、青(緑)は、進行可能、ゴーサイン、安全を意味する色で、点滅していない青信号は、進行可能、ゴーサインの意味であり、青(緑)が点滅すると、進行可能・安全の意味を持ったり失ったりすることを繰り返し、青信号の意味を欠くという意味に由来し、すなわち、まもなく赤信号に変わる、まもなく進めなくなるという意味になるからでしょうか?