デンプン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デンプンとは、天然高分子化合物の一つ。

概要[編集]

本来は「澱粉」と書き、植物の根茎などを摺りおろして、水に晒してアルカロイドを除いた「澱(おり)」の部分をいう。
その主体となる栄養成分を「デンプン質」といい、構成としてはブドウ糖の重合体である。ただしそのままでは人間には代謝できないものもあるため、加熱してアルファ化することもある。
採集した澱粉の形は植物の種ごとに変異があり、光学顕微鏡によって種別することも、ときに可能である。