チョウセンハマグリ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チョウセンハマグリ(朝鮮蛤[1][2], Meretrix lamarckii, 英:Lamarck'shard clam[1])は、マルスダレガイ科ハマグリ属の二枚貝。「ハマグリ」という名称で日本国内で販売されているのは、事実上全部本種またはシナハマグリである(ハマグリMeretrix lusoriaは絶滅危惧種)[3]

分布[編集]

日本国内では房総半島以南の太平洋側、能登半島以南の日本海側。ほか、台湾。海南島[4]。フィリピン[5]

形態[編集]

殻長100ミリ、殻高70ミリ、拡幅40ミリ[6]に達する、ハマグリ属としては大型の種である。

殻は丸みを帯びた三角形[5]。ハマグリに比べ殻は厚い。膨らみはやや弱く、腹縁の湾曲も弱い[1]。こう歯(漢字出ない)は大きく、強い[4]。外套線湾入は丸く、ハマグリよりもやや深い[5]

殻の表面の外見は淡褐色を典型に個体差が大きい。老成すると模様の鮮明な個体は少なくなる[7]。斑紋は淡く、目立たない[1]

生態[編集]

外洋に面した海域[7]の、潮間帯下部から水深20メートル程度の砂底に生息する[4]

植物プランクトンを餌とする[8]

産卵期は7 - 8月。孵化から約3年で殻長3センチまで成長する[8]

人との関わり[編集]

食用にする。ただし肉質は少し硬く[6]、味はハマグリに劣る[2]。おもな産地は鹿島灘、日向灘、九十九里浜など[6]

また、半化石を碁石の材料として利用する[4]ことから、ゴイシハマグリの別名を持つ。かつては宮崎県が有名な産地であった(最上の品質をたたえられた)が、近年ではメキシコ産のメキシコハマグリ(属は異なる。科は同じ)を輸入して使うことも多い[9]

参考文献[編集]

  • 髙重博 『温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本 日本の貝』 誠文堂新光社、2019年1月21日。ISBN 978-4-416-51834-2
  • 『子どもと一緒に覚えたい 貝殻の名前』 秋山信彦, 吉川尚, 野口文隆(監修)、マイルスタッフ、2019年8月1日。ISBN 978-4-295-40336-4
  • 『日本大百科全書』8、小学館、1986年3月10日。ISBN 4-09-526008-4
  • 『日本大百科全書』15、小学館、1987年5月1日。ISBN 4-09-526015-7
  • 『改訂新版 世界文化生物大図鑑 貝類』 世界文化社、2004年6月15日。ISBN 4-418-04904-5
  • 奥谷喬司(編著) 『日本近海産貝類図鑑』 東海大学出版部、2017年1月30日、第二版。ISBN 978-4-486-01984-8
  • 『語源・由来 日本料理大事典』下巻、小倉久米雄et al.、ニチブン、2000年7月15日。ISBN 9784931336049
  • 『魚Ⅱ』 河野友美、真珠書院〈新・食品事典4〉、1991年7月20日。ISBN 4-88009-104-9
  • 『相模湾産貝類』 生物学御研究所、丸善、1971年。ISBN 4-621-01217-7

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 日本大百科全書 1987o, p. 668.
  2. 2.0 2.1 ニチブン 2000, p. 123.
  3. 秋山et al 2019, p. 138.
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 世界文化社 2004, p. 335.
  5. 5.0 5.1 5.2 奥谷 2017, p. 1250.
  6. 6.0 6.1 6.2 河野 1991, p. 393.
  7. 7.0 7.1 髙重 2019, p. 310.
  8. 8.0 8.1 鹿島灘はまぐり(チョウセンハマグリ)”. i-saibai.or.jp. 公益財団法人茨城県栽培漁業協会. 2016年11月19日確認。
  9. 日本大百科全書 1986h, p. 522.