タヒ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タヒ(たひ、タヒ)は「」の意味で用いられるインターネットスラング、死の俗語である。

概要[編集]

特に半角カタカナの「タ」と「ヒ」を横書きで組み合わせると、「タヒ」←漢字の「死」に似ていることからできた言葉である。字形は、漢字の「」の横棒1本を省いたもの。「死」の見せかけの意味であり、死の隠語で、死にそうなほど疲れた状態、疲労、絶望、我慢できない、生きるのがつらい状態を意味する。仮死。「タヒ」の読み方は、通常、「し」とは読まず、「たひ」と読む。死の代用漢字。画数は5画。タヒの文字数は2文字。漢字で書くと環境依存文字となり→「𡖅」。

「夕方(ゆうがた)」の「夕(ゆう)」+「ヒ」を組み合わせたものである「夕ヒ(ゆうひ)」でも可。夕ヒは、「ゆうひ(夕日)」と読める。タヒは、「死を崩したもの」。

「タヒ」「夕ヒ」は、共に、文字数は1つにまとまっておらず、文字数は2つである。

本物の「死」ではあまりにも直接的な恐怖なので、死の恐ろしさの回避のため「タヒ」の字を作り出したのである。

タ+ヒ=タヒ

例:「私たちはタヒなないの」「すっぴんな顔の奴は津波に流されてタヒねや」「タヒ角」

なお、SNSでは、死そのものよりも、疲労絶望といった意味で使われることもある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. タヒる(たひる) (2020年4月5日)”. エキサイトニュース. 2020年7月31日確認。

外部リンク・使用例[編集]