ジェイソン・ハイランド

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ジェイソン・ハイランドJason P. Hyland,)とは、米国の元外交官。日本MGMリゾーツの社長[1]。2017年、キャロライン・ケネディが離任してからウィリアム・F・ハガティが就任するまでの間、駐日アメリカ合衆国臨時代理大使を務めた。

経歴[編集]

ニューヨーク市で生まれ、ニューヨーク及びカリフォルニアで育った。父はカール・A.ハイランド(Carl A. Hyland)、母はエリザベス・ハイランド(Elizabeth Ann "Betty" Hyland)である。 カリフォルニア大学バークレー校で歴史学士を得る。難しい言語を勉強したら、自分の勉学に実用的な要素が加わると考え、日本と関わ りもなかったが、日本語を受講することにした。 ワシントンDCの国防大学で学び、国家安全保障戦略で修士号を得る。タフツ大学フレッチャー法律外交 大学院(法律・外交学)で学ぶ。 アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで日本語を学ぶ。

1994年から1995年にかけて外国人客員研究員として東京大学で学んだ。 国務省に入省し、外交官になる道を選択した。 外交官になったことにより、再び日本の地を踏み、札幌、東京、福岡で勤務した。 1994年のサファイアプロジェクトでは、カザフスタンから米国まで600kgのウランを運ぶプロジェクトに参加した[2]。 1995年から1998年にかけて国務省の東アジア・太平洋局の特別補佐官となる[3]。 1998年から1999年にかけて国務省日本担当で働く。 国務省からグループ優秀名誉賞(Group Superior Honor Award)を受賞した。 2014年7月には、在日米国大使館首席公使 (DCM)に任命された。 2017年1月18日、キャロライン・ケネディ駐日アメリカ合衆国大使(第29代)の離任に伴い、在日米国大使館臨時代理大使に就任した。 人気中は米国の主要7カ国首脳会議(G7)への参加、バラク・オバマ前米国大統領の歴史的な広島訪問や「日米防衛協力のための指針」改訂を監督した。

2017年8月7日、MGMリゾーツ・インターナショナルの日本法人代表執行役員兼社長に就任すると発表された[4]

人物[編集]

  • MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼CEOは、ジェイソン・ハイランドの日本文化に対する深い造詣、これまで培ってきたリーダーシップと交渉力、人的ネットワーク、そして堪能な日本語力が、私たちの活動の中で大きな力になると確信すると述べた。
  • 母国語に近い日本語力だけでなく、ウクライナ語、スペイン語、アゼルバイジャン語にも堪能である[5]

受賞[編集]

  • 国務省優秀名誉賞(Superior Honor Award):イラクのモスルで地域復興チームリーダー
  • Meritorious Honor Award
  • 共同文民職員称揚賞(Joint Civilian Service Commendation Award)
  • 派遣任務賞(Expeditionary Service Award )
  • Sinclaire Language Award

参考文献・注釈[編集]