グーグル八分

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

グーグル八分(グーグルはちぶ、Googleはちぶ)とは、Googleで検索しても表示されなくなる現象。

概要[編集]

Googleの検索エンジンで表示されなくなること。利用者の多い検索エンジンのサービスが受けられなくなれば、かなりのダメージとなる。この状態を村八分になぞらえてグーグル八分と呼ばれる。

日本においてグーグル八分が行われたことが広く知られるようになったのは「悪徳商法?マニアックス」がきっかけ。Googleにおいて検索が全く表示されなくなり、「悪徳商法?マニアックス」の管理人Beyondは、このことをグーグル八分と名付けて広まった。

グーグル八分[編集]

グーグル八分と騒がれた事例。

悪徳商法?マニアックス
日本においてグーグル八分を知らしめた事例。トップページを含むページが表示されなくなる。
Yourpedia
Wikiサイトがグーグル八分にあった事例。
ロリ
2014年6月頃、「ロリ」を含むアダルト系の検索結果が表示されない事態が発生した[1]。元々、Googleはアダルトサイトに関してはフィルタリングサービスを実施しているが、フィルタリングを外しても表示されなくなった。7月頃には検索数は回復している。

脚注[編集]